見ているドラマの感想を のんびり、まったり 。。。
*RECOMMEND*

【DVD】
ガリレオ DVD-BOX
ガリレオ



【DVD】
夜王 ~yaoh~ TVシリーズBOX
夜王
DVD-BOX


<< June 2019 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 *DRAMA DVD*


 *amazon*
ドラマグッズはコチラ↓でチェック♪

 *RECENT COMMENTS*
 *ARCHIVES*
 *PROFILE*
 *OTHERS*
 *PAGE VIEW RANKING*
ブログパーツ


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | - |
菊次郎とさき【4】
【4】 (07.07.26)

月末締めで給金を払ってくれるという工場社長(斉藤暁)。なんと3万円!
このころは3万もあれば2ヶ月くらい生活できたらしい。

北野家の皆さんは、
「そんなのあぶく銭」と思っているさき(室井滋)も含めて、
うし(吉行和子)は三味線、安子(黒川智花)はスカート、大(谷本和優)は顕微鏡、
武(大和田凱斗)はさきに買わされた百科辞典と参考書だったけど^^;、
「ツケ」で自分の欲しいものを買ってしまう。菊次郎(陣内孝則)は宴会三昧。

ところが工場が倒産しちゃったよ。当然お給金は支払われることもなく、
北野家のバブルはアッという間に崩壊してしまったのですね。^^;

でも、ちゃんと最後には社長から詫び状が届いたりして、
優しい気持ちにさせてくれるのがこのドラマの良いところ。

ところで途中で「ツケ」の説明をしてたけど、今は「ツケ」って言葉、使わない?


【原作】
【主題歌】


|☆2007夏(菊次郎とさき) | comments(4) | - |
菊次郎とさき【3】
【3】 (07.07.19)

さき(室井滋)は高山男爵の屋敷で働いていたことが自慢なんだけど、
それは女中奉公だったんだよね。でも子供たちには家庭教師って言ってたんだ。^^;
それを武がセンセ(ダンカン)に言っちゃったものだから、
センセは美智子(佐藤江梨子)をしつけてくれと頼みに来てしまう。

いまじゃー考えられないよねー。教え子の家族に妹を預けるなんて!
しかも北野家には年頃の息子(阿部力)もいるというのに・・・。

で、その重一(阿部力)といえば、旧伯爵・犬神家の娘に見初められたらしく、
執事(山田明郷)が「ムコに是非・・・」と言ってくる。

てっきりだまされてるのかと思いきや、ホントだったとは。(@_@)

だけど偶然にも犬神家の奥様が高山男爵のお嬢さんだったってことで、
「さすがに元使用人のところに自分の娘を嫁がせるわけにはいかない」、
と、あっという間にご破算になってしまいました。

まぁ重一には他に好きな人@久美子がいたからべつにいいんだけどさ、
さきにしてみれば自分の経歴のせいで息子の縁談がダメになっちゃったんだもんね。
・・・なんだか切ないわ。

そこで「貧乏は輪廻する」ですよ。
「貧乏だから子供を学校にやれない。
 学校にやれないから子供には学問が身につかない。
 学問が身につかないと良い仕事にありつけない。
 良い仕事にありつけないといつまでたっても貧乏だーっ!」
道徳の時間に子供たちに教える姿、パワフルすぎます。笑

そうそう、さきが師範学校出身っていうのもウソだったのね。
うし(吉行和子)は高山家で三味線を教えてたっていってたけど、
そこでさきと出会うんだったっけ?

さきをうちわで扇いであげてるシーンを見て、やっぱり今までよりも
菊次郎(陣内孝則)が頼れるヤツになっている気がする、と思った。

しかし腐りかけの男爵イモを客に出す店て・・・(^_^;)


【原作】
【主題歌】


|☆2007夏(菊次郎とさき) | comments(2) | - |
菊次郎とさき【2】
【2】 (07.07.12)

機関車の模型が欲しくて箪笥から1000円をくすねる武。
しかもその罪を菊次郎(陣内孝則)のなすりつけるために
わざわざ雨の日(菊次郎が休み)を選ぶなんて・・・(ーー;)

ところが自分の思った以上に事態は悪化しちゃうんだよね。
さき(室井滋)は怒ったままだし、
その日家に来ていた美智子(佐藤江梨子)もトバッチリを受けちゃった。

でも美智子は武の後ろ姿を目撃していたんですねぇ・・・。
ついにいたたまれなくなった武は菊次郎に打ち明ける。

ここからの菊次郎がご立派ー!というか、
菊次郎ってこんなに頼れる人だったっけ?(^_^;)
罪をかぶってさきに謝るんだよね。

でも結局、庭に埋めておいた機関車を犬が掘り起こして万事休す。

「天網恢々 疎にして漏らさず」。
悪いことをしたら必ず天罰が下る、という意味だそうです。φ(..)メモメモ

というわけで「武、完全犯罪を目論む」はこんな結果。
たまたま菊次郎がタイミングよく(?)買ってきた1000円の
「酢が一週間で酒に変わる徳利」ももちろんニセモノだったわけだけど、
美智子は兄ちゃん(ダンカン)からちゃんと謝ってもらえたんでしょうか?
濡れ衣を着せられて殴られて・・・。お気の毒だったわー。

武の「心象風景」なるものが・・・。
「雨に唄えば」を踊る黄色いスーツのきよし(荒川良々)と、
天使のタケシ@タケチャンマン vs 悪魔のタケシ@鬼瓦権造 !


【原作】
【主題歌】



|☆2007夏(菊次郎とさき) | comments(0) | - |
菊次郎とさき【1】
【1】 (07.07.05)

今回もまた青年期@タケちゃんマンの武(塚本高史)が昔を振り返るスタイル。

ずいぶんキャスティングが変わっちゃったねー。
昭和22年生まれの武が8歳だから今回は昭和30年みたい。
パート1より昔って設定だから、武(大和田凱斗)は別にいいとして、
うし(吉行和子)は草笛光子さんでしょ?
重一(阿部力)は賀集利樹くんでしょ?
・・・と言いたいっ!
安子(早瀬美里→市川由衣→黒川智花)と、
大(若葉竜也→村上雄太→谷本和優)は毎回違うけどね。^

藤崎センセ(西島秀俊)も、久美子(京野ことみ)も出てこないし、
んでもって、新キャラ(?)万城目はいいけどさー、
棟梁(長門裕之)もいないの〜?(T_T)

と、キャスティングに関して言いたいことはこの辺で置いといて、

やっぱ泣けるわー。
というか、あの切ないBGMと、
唇をとんがらしている菊次郎(陣内孝則)を見るだけで泣けてくるんですが・・・。
いったいどんな条件反射だよ。(^o^;A

今回は「父の日」。このころはまだあんまり浸透してなかったんだね。
武は学校で父親への感謝の気持ちを作文に書けと言われるんだけど、
菊があまりにもふがいないため^^;書けないんだよね。
で、重一を父親に見立てて書いちゃった。
ところがそれが菊にバレちゃったから大暴れ。

重一を待ち伏せする派手な女・美智子(佐藤江梨子)は
湯浅センセ(ダンカン)の妹だったんですね。
「シミーズみたいな服」て・・・(@_@)
・・・そういえば最近「シミーズ」って言葉、聞かないね。

「ケンカする時にはウチに来てください」byさき(室井滋)に泣けた。(T_T)

んで、最後に書いた作文は「(北)」のみ!

子供は親の背中を見て成長するのですね。^^

※ちなみにこのウチワはパート2がスタートする時(2005年)に、
 市川由衣ちゃんと塚本高史くんがテレ朝で配っていたものです。
 ちょうど東京に行っていたので、チャッカリ並んでもらっちゃいました♪


一方、青年期のたけし。
売れてきたのでさきにお金を渡すんだけど、
感謝されるどころか「たった20万ぽっち?」みたいな・・・^^;
でもコレには何か事情があるみたい・・・?こっちも楽しみです。


【原作】
【主題歌】


|☆2007夏(菊次郎とさき) | comments(0) | - |