見ているドラマの感想を のんびり、まったり 。。。
*RECOMMEND*

【DVD】
ガリレオ DVD-BOX
ガリレオ



【DVD】
夜王 ~yaoh~ TVシリーズBOX
夜王
DVD-BOX


<< June 2019 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 *DRAMA DVD*


 *amazon*
ドラマグッズはコチラ↓でチェック♪

 *RECENT COMMENTS*
 *ARCHIVES*
 *PROFILE*
 *OTHERS*
 *PAGE VIEW RANKING*
ブログパーツ


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | - |
ホタルノヒカリ【終】
【終】 (07.09.12)

一緒に暮らし始めた蛍(綾瀬はるか)とマコト(加藤和樹)だったけど、
やっぱりそこは蛍の居場所ではなかったみたい。
トイレの中が一番落ち着くようでは・・・。
好きだから「良く見られたい」という気持ちもわかるけど、
部長(藤木直人)には何でも言えるのに、マコトには気を使っちゃってるもんね。

マコトも蛍と部長が一緒に暮らしていたことが気になってて、
部長の話をすると「ウソをついてほしい」って言うし、
ウソをつけば「どうしてウソつく?」って言うし・・・ヤレヤレ┐(´ー`)┌

そしてマコトからの同棲解消メール。
秋になって、クリスマスが来て、また夏がやって来た。

部長が家に帰ったら明かりがついてて、ジャージを着た蛍が座ってた。
ん?いったいどうやって入ったんだ?鍵を返してなかったのか?まーいいけど。

部長も蛍に「好きだ」と言うとは思わなかったな。
なんとなくそういうことを面と向って言うキャラじゃないかな・・・と思っていたので。
言わなければ伝わらないってことを自分も学んだんでしょうかね?

それにしても社内恋愛なのにずいぶんオープンな会社でしたね。
くっついたり別れたり、同棲したり解消したり・・・。みんな筒抜け?
周りの人は仕事しづらくなったりしないのかなぁー?

それからマコト(加藤和樹)んちのトイレ&バスルーム。
扉は全面スリガラスですか?
カーテンもあったけど、キッチンからシルエット丸見えじゃん。イヤ〜ン♪

部長のケータイの蛍からの着信が「アホ宮」だったのに笑った。
蛍の「ぶちょお」はなぜか「ぶちょお(部長)」になってたね。

優華(国仲涼子)と神宮司(武田真治)はいい感じみたい。

結局、部長の家を取り壊すって話はウソだったんだ。
蛍が心おきなくマコトのところに行けるように、部長が気を使ってくれたのね。

山田姐さん(板谷由夏)の
「どんな恋愛でもその後の人生にどう活かすかはその人次第なの。」が良かった。

部長が蛍をどう思っているのか言葉にしていないのに、いつの間にか、
部長も蛍を想っている、てことで話が進んでいたような気がするんだけど、
「否定しない=好き」ってことでよかったのかな。

部長と蛍のやり取りが面白いドラマでした。


【原作】
【サントラ】
【主題歌】



|☆2007夏(ホタルノヒカリ) | comments(7) | - |
ホタルノヒカリ【9】
【9】 (07.09.05)

無視してますねぇーマコトくん(加藤和樹)。

無理のない程度に、家の中でもちょっと頑張ってみることにした蛍(綾瀬はるか)。
ジャージじゃないし、掃除してるし、ビールもコップに注いでるぅ〜〜〜!
でも「ちょっと頑張る雨宮さん」はすぐにどこかに行ってしまうのね。笑

そんな蛍が無断欠勤。というか、前の日から荷物を置いたまま帰ってこない。
仕事もしないで全員で捜索するなんて団結力すごすぎるー。
実は蛍、差し入れに行った工事現場に閉じ込められていたんですね。
基本的に「閉じ込められ体質」・・・?
次の日が「休工日」っていうのに笑っちゃった。

でもその日のうちに部長(藤木直人)&山田姐さん(板谷由夏)&二ツ木(安田顕)が
発見してくれて良かった良かった。

部長ったら口では怒っているのに抱きしめちゃったのよーん。(☆o☆)
んーーーー、この心境、どうなんでしょ?

その間、ずーーーーっとマコト(加藤和樹)は香港に行ってたんだよね。
帰ってきたマコトに神宮司(武田真治)が聞いてみる。
別にジャージはOK!だったんだ。なーんだ。
ただ、部長と楽しそうに話をしている蛍が、
自分の知らない蛍だったので、ムショーに腹が立ったそうで・・・。

で、ついにマコト(加藤和樹)に同居生活がバレちゃった!
部長にいろいろ質問するマコトだったけど、
「一緒に暮らしたい」と言う気持に嘘はなかった、という蛍の言葉にまた、
「一緒に暮らそうー!」って言っちゃうんですね。
はー、この人の頭の中は「好き=同棲」しかないんですかね?
・・・って思っちゃいました。f^^;

そんなわけで蛍は部長の家を出て行ってしまいました。
離れてみて初めてお互いの大切さに気づく・・・って展開なんでしょうか?

でもあの家は近いうちに取り壊されちゃうんですよね。
区画整理で空き地になっちゃうなんて、こりゃまたずいぶん唐突なお話で・・・。

部長と蛍のやり取りはヤッパリ面白いね〜^^
部長からの着信が「ぶちょお」になっていたのが、ちょっとラブリー♪でした。

そういえば、レンタル屋さんの店員が上地雄輔クンでしたね。
「ハケンの品格」つながり?
あの頃は全く気づかなかったけど、かなりお茶目な頭脳を持ってますよね。^^;
「クイズ!ヘキサゴン」では毎回笑わせてもらってます。

【ロケ地】

この通り、よく出てきました・・・よね?
右側に「表参道ヒルズ」があるはずなんですが、
木が生い茂っていてまったく見えてません。。。



【原作】
【サントラ】
【主題歌】



|☆2007夏(ホタルノヒカリ) | comments(3) | - |
ホタルノヒカリ【8】
【8】 (07.08.29)

高野(藤木直人)の計らいで
「ヘリコプターに乗って花火鑑賞」のチケットをGETした蛍(綾瀬はるか)。
マコト(加藤和樹)と見に行くことにしたのに、マコトったら「忘れてたっ」て(-_-;)
蛍を驚かせようと内緒でコンペに参加するために
デザインを一生懸命考えていたからなんだけど、(←だよね?)
この言葉、結構傷つきますよね〜^^;

それでも無事、空中デートを楽しんだ2人。
でもそのあと蛍は高野の代わりに町内の「防犯パトロール」に参加するために、
早く帰らなくちゃいけなかったのよね〜。なんだか気まずい雰囲気に・・・。

そしたら突然「一緒に暮らそう」だよーん。
アラ、ビックリー!キスの時といい、相変わらず唐突ですねマコトって。

そんなわけで蛍は「干物っぷり」を告白することに・・・。若干引かれたようだけど、
蛍の知らないうちに部屋を見つけてくれていたりして、すっかり順調〜♪

と思いきや、ジャージ姿のまま家を出て鍵をなくした蛍が
休日出勤中(?)の高野に助けを求めて会社までやって来ちゃった。
他の男性社員も出勤していたので高野は大慌て。
なんとか誰にも会わずにめぐり会えた二人だったけど、そこにマコト登場!

高野もカギだけ渡してサッサと追い返せばいいのに。

予期せずジャージ蛍とご対面したマコトは
クルリっと背を向けて走り去ってしまいました。
しかも予告を見ると「無視」のオンパレード?・・・ヒドすぎるー。

マコトはもっとオシャレなジャージだと思っていたんでしょうか?
まさかシミ付き+穴あきだったとは〜!\(◎o◎)/
あまりにも衝撃的で恋も一気に冷めちゃった!・・・ってところ?

ちなみに、マコトの「縁側を見つけたかった。」は良かったな。^^
蛍の「あなたがいればそこが縁側なんですーっ!」(by心の声)もね。

「ジャージはあり?なし?」のリサーチで、山田姐さん(板谷由夏)の
「別れるためにワザとでしょ?」にうろたえる蛍に笑った。

で、二ツ木(安田顕)は高野が蛍に好意を持っていると感じてるんだよね?
山田姐さん(板谷由夏)を呼び出して何を話したんだろー?

神宮司(武田真治)と優華(国仲涼子)はなんだかんだいってうまく行きそうかな?
高野のパッツンパッツンなジャージ姿がプリチー♪でした。

【ロケ地】
左は花火のあとマコトから「一緒に暮らそう」と言われた橋、
右はずーっと奥の方、ちょうど左の柱がなくなるあたりが、
蛍が高野に上着をかけてもらったり、マコトにジャージ姿を見られてしまった場所。
ここに行った時、ドラマにも映ってた角のコンビニでお茶買いました。
・・・って、私の話はどうでもいいやね。(^▽^;A


【原作】
【サントラ】
【主題歌】



|☆2007夏(ホタルノヒカリ) | comments(2) | - |
ホタルノヒカリ【7】
【7】 (07.08.22)

社長に言いつけてやるからな!エンガチョ!て・・・@二ツ木(安田顕)。

田所クン(渋江譲二)の
「あるよ。元カノのために買った歯ブラシが」はたしかに、サ・イ・テー。(ーー;)

26歳の時、「フンコロガシみたいな女」に負けた山田姐さん(板谷由夏)。
・・・フンコロガシて。(@_@)

そんなわけで、
マコト(加藤和樹)のウチにお泊りすることになった蛍(綾瀬はるか)だったけど、
おなかの贅肉が気になって躊躇してしまう。

そりゃーあれだけグータラしながら、
毎晩ビールを飲んでりゃ贅肉もつきますってば。メタボメタボ(~_~;)

てか「体脂肪率13%」の時点で怪しすぎるよ@体脂肪計。

そして「お泊りリベーーーンジ!」の日、
高野(藤木直人)の妻・美幸(黒谷友香)がやってきた。
美幸は蛍を新しい彼女だと思ってしまうデスネ。
・・・ってそれはいいんだけど、黒谷さん、ずいぶんふっくらしてないか?

で、夏になるとイチャモンつけてくるクレーマーは前田健さんだったかしらん。
アヤヤメーク(?)をしていないと、誰だかわかんなくなることしばしば・・・笑

【ロケ地】
右の写真はビルの入り口です。左の黒壁に反射してわかりづらいんですが。。。


【原作】
【サントラ】
【主題歌】



|☆2007夏(ホタルノヒカリ) | comments(2) | - |
ホタルノヒカリ【6】
【6】 (07.08.15)

マコト(加藤和樹)ったら、
夏休みを蛍(綾瀬はるか)と過ごすこと、会社で言っちゃったんだ。
この人ってそういうことを気にしない人なんですね。ちょっと天然?

でも二人きりの遊園地デートは神宮司(武田真治)が阻止しちゃう。(ーー;)
愛するステキ女子(国仲涼子)のためか・・・。健気だね。

次の日、蛍とマコトはドライブデート。
マコトは車持ってるの?それともレンタカー?
・・・ってそんなことはどうでもいいんだけど、
早くメール送れよーって思っちゃった@蛍。
矢継ぎ早に送られてくるマコトのメールにも驚いたけど。

マコトは、家まで送ろうとしても拒否されちゃうし、
なんだか面白そうじゃない蛍を見て「男と住んでるじゃないか?」と疑うワケですね。
で、それを高野(藤木直人)に相談しているうちに二人とも酔っ払っちゃって、
高野は泥酔したマコトを家まで連れてきてしまう。(☆o☆)

仕方がないので蛍は「同居人のおタカさん」を作り上げることに・・・^^;

って、高野が酔ったマコトを蛍んちに連れて行く、って変じゃない?
普通なら自分の家に連れていくよねー。
・・・って、まぁ「蛍んち=高野んち」なんだけどさぁ〜。
目覚めたマコトが変に思わないところがちょいと不思議。

ていうか、蛍ったら「お茶」をコーヒーサーバーで煎れてませんでした?(^_^;)

でもチューまでしちゃってすっかりいいムード♪

ところがスイカを持って高野んち(=蛍んち)にやってきた二ツ木(安田顕)が
蛍と高野のことを見ちゃったよー(@_@)
まぁ二ツ木なら会社でベラベラ喋ることはないと思うんだけどネ・・・。

ところで蛍とマコトってマコトの方が一つ年下っいう設定なんだよね?
調べてみると綾瀬さんは1985年3月生まれで、加藤さんは1984年10月生まれ。
同学年みたいなんだけどどーも年下に見えないのよね。
加藤さんは落ち着いているというか、しっかりしてそうというか、
実年齢より上に見られるビジュアル・・・よね。

【ロケ地】

蛍とマコトが「出来たてラブラブバカップル」になってた辺り。
ここは「たったひとつの恋」@日テレでもよく使われてましたね♪綾瀬さん。


【原作】
【サントラ】
【主題歌】



|☆2007夏(ホタルノヒカリ) | comments(8) | - |
ホタルノヒカリ【5】
【5】 (07.08.08)

高野(藤木直人)が事あるたびに、
蛍(綾瀬はるか)とマコト(加藤和樹)を15階の会議室に閉じ込めるんだけど、
外から鍵がかけられるのに、中から開けられないドアて・・・(☆o☆)!?

しかもその事態に全く気づかないマコト・・・。ビミョーにニブイ。笑

取引先の娘@バツ2の結婚式の二次会の帰り、蛍はマコトと普通に会話ができて、
「ビバ!フツーの会話♪」とか「ビバ!友達♪」とか喜んでたけど、
どうしてデートをすっぽかしたたことを謝って早く告白しないんだろ〜?と、
とてもイライラしてしまいました。^^;

まー「思いは言葉にしなければ伝わりません」by高野・・・もとい、byニーチェ、
と「恋の神様」?@二ツ木(安田顕)のおかげで告白できたけどね。

それにしても、お風呂に閉じ込められてガラスに唇をブチューとくっつけたり、
藤木さん、美味しいなぁー。^^
「ヤダもん」とか言ってるし・・・(@_@)
でも大学時代の後輩に奥さん(黒谷友香)を取られていたとはショックよね。

【ロケ地】

二ツ木が高野に「奥さんは男と住んでる」と話したトンネル。



【原作】
【サントラ】
【主題歌】



|☆2007夏(ホタルノヒカリ) | comments(0) | - |
ホタルノヒカリ【4】
【4】 (07.08.01)

建設中のシネコンのデッドスペースを有効活用するプレゼンと、
「デザインアワード」とかいう催し物の
「ロイヤルボックスシート プレミアムペアチケット」のお話。

プレゼンは「蛍(綾瀬はるか)&優華(国仲涼子)」と
「神宮司(武田真治)&マコト(加藤和樹)」の対決。
日程が早まって蛍たちは間に合いそうもなかったんだけど、
「あきらめないっ!」という蛍に触発されて優華もがんばったおかげで、
蛍たちのプランが採用されたのよね。「シネマライブラリーカフェ」だったっけ?

んで、「デザインアワード」の方はマコトがチケットを持っていて
蛍はなんとか誘ってもらおうと不穏な動き@ロボット歩き?

マコトは蛍には彼氏がいると思って優華を誘っちゃうんだけど、
最後は蛍を誘うことができたんだよね。

でも当日、シネコン建設現場のオッチャンたちに
「(差し入れの)ビールありがとう」と声をかけられた蛍は、
それまで「デート、デート♪」と連呼していたのが「ビール、ビール♪」に変身!
約束を忘れて家に帰ってきちゃった。

アホすぎる〜(☆o☆)

携帯を家においてきちゃったのは仕方がないとしても、
誕生日プレゼントなんて会ってから一緒に選べばいいのにねぇ。
言葉だけでも嬉しいはずだし・・・。

おかげで1時間以上遅刻して、
マコトからの電話は「好きでした」とすでに過去形。(^^;)
干物生活が長くてすっかり要領がわからなくなっちゃってるんでしょうかね。
要領の悪いことったらありゃしない。

ところで空っぽだった蛍の冷蔵庫にビールを入れたのは高野(藤木直人)?
一緒に「ゴロゴロ」したりして・・・可愛かった。


【原作】
【サントラ】
【主題歌】



|☆2007夏(ホタルノヒカリ) | comments(3) | - |
ホタルノヒカリ【3】
【3】 (07.07.25)

神宮司(武田真治)が山田姐さん(板谷由夏)にスッポリ隠れちゃうところが笑える。

そんな神宮司は自分の好きな人(国仲涼子)の恋が成就するようにと飲み会を計画。
蛍(綾瀬はるか)と二人でどじょう掬いをするつもりだったんだけど、
なんで足ケガしてたの・・・?ん?何か見逃した?

で、蛍が一人でどじょう掬いを・・・。熱演してましたねー。

でもあんなお膳立てされた飲み会イヤだなぁー。
まわりでいろいろチェックされてるんだよ、たぶん。
私が優華(国仲涼子)ならゼヒお断りしたい気分。^^;

で、優華はマコト(加藤和樹)の好きな人が蛍だったことを知っちゃいましたね。
さらに蛍がマコトを好きなことも知っちゃった。

ついに「ステキ女子vsダンゴ虫」、もとい、「ステキ女子vs干物女」の幕開けね。

ラストでマコトが何を渡しているのか全然わかんなかったけど、
「椅子のキーホルダー」だったんですね@公式サイト。

で、部長(藤木直人)は
「返品」されたラブレターの焼却を必死になって食い止めてくれた蛍に、
だんだん惹かれていくって設定なんでしょうか?

ていうか、シャッターをショッカーて書いちゃうなんてお茶目だわ。
トォ〜!\(O¥O)/ (←一応、仮面ライダー)


【原作】
【サントラ】
【主題歌】



|☆2007夏(ホタルノヒカリ) | comments(0) | - |
ホタルノヒカリ【2】
【2】 (07.07.18)

面白いねー♪
ちょっとしたことで一喜一憂する蛍(綾瀬はるか)。
真面目だけどビミョーに変な部長(藤木直人)。

蛍はマコト(加藤和樹)からのメールに驚いて「ヘビ女」になっちゃうし、
来週は「カメ女」か。笑
部長は「雨合羽を笑った者にはカッパの報いが・・」とか言ってるし。(^_^;)

蛍はリノベーションの失敗例をまとめた資料を徹夜して作ったのに、
タイミングがわからなくてマコトに渡せないんだよねー。
部長もさぞかし歯がゆかったことでしょう。でもわかるわー蛍の気持ち。

しかーし!何を着たらいいのかわからなくなってしまった挙句の衣装。
その服を着たことにもオドロいたけど、
その服を持っていたことにオドロいちゃった。サイケ〜♪
しかも帽子@花とぜんぜん合ってないし・・・(^▽^;)

ちなみにリノベーションというのは、
「既存の建物に大規模な改修工事を行い、
 用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりすること。」
ということらしい。リフォームとは違うのね?・・・φ(..)メモメモ

ところで要(武田真治)はナゼ訛ってるんでしょう?
きっと原作がそうなんだろうけど、
ドラマ的には今のところ別に訛ってなくても問題ないような?
かえってその訛りがチョッピリ気になってしまう。

で、要は優華(国仲涼子)のことが好きなんでしょうか?
なんだか一方通行だらけですねぇ・・・。


【原作】
【サントラ】
【主題歌】



|☆2007夏(ホタルノヒカリ) | comments(1) | - |
ホタルノヒカリ【1】
【1】 (07.07.11)

放送された翌日に見たんだけど、
体調が悪かったのでところどころ記憶がおぼろげなんですが、
・・・まぁとりあえず。

うん、面白かった。
「どっこいしょういち」「ガッツ石松」「もーれつア太郎」・・・。
今時、オヤジも使わなさそー。笑

家では「干物化」しているOL・蛍(綾瀬はるか)が住んでる家が
部長・高野(藤木直人)の実家だったなんて・・・(@_@)
奥さんと別居することになった高野は
マンションを売り払い実家に戻ってきたんですね〜。

そんなワケで上司と部下の奇妙な同居生活が始まるみたいなんだけど、
「食べる」ことを「食(しょく)す」とか言っちゃう高野がプリチーかも♪
しかもそのヴィジュアルで「キョワイ」て・・・(^_^;)

蛍は別に意識して仕事とプライベートを分けているわけじゃないんだよね?
優華から電話があった時もシミ付き&穴あきのジャージで出かけてるし・・・。

ただ仕事の時はもっと髪をキッチリまとめた方が良かったんじゃなのかなー?
って思った。なんとなくゾロゾロ〜としていてうっとおしそうだったので。
でも蛍が「ステキ女子」だと思われているわけじゃないから、これでいいのかな?

んで、異動してきた手嶋マコト(加藤和樹)の「好きな人」っていうのは、
蛍のことで合ってるんでしょうか?

個人的には「ハケンの品格」から名前が一個昇格したツ木さん(安田顕さん)と、
「プロポーズ大作戦」でソクラテスだった渡辺豪太くんに注目かな。

ちなみに加藤くんと藤木さんって顔の系統が似てません?


【原作】
【サントラ】
【主題歌】



|☆2007夏(ホタルノヒカリ) | comments(2) | - |